スタッフの可能性を信じる

医師の転職活動を行い、見事とある病院に勤められるようになったとする。そんな時、一緒に働くスタッフの可能性を信じ、思い切って業務を任せることも大切であると考える。というのも医局やクリニックでは、院長がお山の大将になりがちだ。業務のすべてを取り仕切り、スタッフは院長の出す指示に従うしかないといったような状況に陥っているのをしばしば目にするのだ。

しかし、経営という観点で考えるならばそれではよろしくない。いかに能力が優れている院長であったとしても、トップ一人がすべて取り仕切るのは限界がある。そして何より、トップが取り仕切る状況を続けていては、その企業の将来的な成長にも限界があると思うのだ。

そうではなく、トップが部下に権限を譲り、任された部下が自身で考えて行動することこそ、組織全体が成長する為に必要なことだとは思わないか。そうしてトップはトップにしかできない業務に専念する。クリニックであれば診療や運営マネジメント強化に取り組むことで、よりよい精度でもって患者さんたちに医療を提供することが可能になる。

では組織の成長の為には具体的に何が必要だろうか。それは、「院長などがスタッフをどれだけ信じられるか」だと思う。これこそが鍵だと思う。信じる事が出来なければ業務を委託することもできない。無論、そのためには教育することが重要になる為、スタッフの可能性を信じて長期間的に教育していく必要があるだろう。そこで注いだ時間は後々自分に還元されてくるのである。

ぜひ、頭でっかちにならずスタッフを信じてほしい。そして自身の業務とスタッフにお願いする業務を分ける取り組みにトライしてみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です