地域医療・社会復帰の支援

精神科医療は入院中心から地域医療へと変化してきていますが、精神疾患の特徴として退院後のケアが必要な場合や長期入院にも対応する必要があります。

K病院では、地域における総合的なケアの拠点として、医療・保険・福祉と強いネットワークをつくり、地域住民とともに医療を行ってきました。

K病院では、通院治療としてのデイケアを充実させ、周辺地域で生活する障害者を支えるとともに、福祉ホームB型を運営し、社会復帰に向けて共同生活を行い生活能力を身に着けるための支援もしています。

特に高齢者の認知症患者さんに対する医療やケアについては、関連施設として通所リハビリテーションを併設した介護老人施設や介護老人保健施設、介護老人福祉施設を設立し、さらにクリニックにはペインクリニックも備えることで慢性疼痛にも対応しています。これらの取り組みによって、高齢者の医療や福祉に対して地域に貢献しています。

その他にもK病院では、てんかんや精神症状を有する疾患に対し、薬物療法だけでなく精神療法も重視して実施することで、これらの疾患が慢性化することを防ぐ治療も行っています。例えば、アルコール関連疾患に対しては自助グループをつくって治療効果を上げていますし、外来においては児童・思春期の症例や人格障害の症例に対して臨床心理士による心理面接を治療に取り入れています。

K病院では、今後は職員数を増やして、地域の患者さんのために地域に根差した幅広いサービスを提供していこうと考えています。

K病院の医局には学閥もなく、様々な大学出身の医師が和気あいあいとした雰囲気で治療に取り組んでいます。また、病院全体で毎月1回研修会を実施し、職員の知識の向上と共有に努めています。

こうした病院の形もあることを知っておくだけでも、医師転職には役立つと思います。

ぜひこうした情報を集めつつ、医師求人を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です