一般医師と精神科医師の連携

しっかりとした研究がないまま、うつ病の患者が増え続けているなかで、現場の医師たちは自分の患者でいっぱいっぱいになってしまっています。 一方で、医療機関を受診しているうつ病の方は全体の25%ほどにとどまり、 残りの75%の方々は、悩んでいても病気であることに気が付いていなかったり、精神科にはいきにくいという理由で病院にかかっていない人です。うつ病のひとがまずかかるのは内科であり、そこでうつが発見されるのは珍しいです。うつ病の診断がつくまでに一年以上かかってしまう場合もあります。内科では特に異常がないため異常なしや疲れと診断されてうつが見逃されていると考えられています。そこで一般医と精神科医の連携が大切になってきます。うつ病の診断は難しいです。なので精神科医と一般医がいつでも相談できるようなネットワークを作成するのが一番現実的な案なのではないかと思います。しかしうつ病に関心を持っている一般医はまだそんなに多くないです。一般医がうつ病に積極的でないのは酸関係抗うつ薬の時代は副作用が出ることが多かったためだと考えられています。現代の移棒の治療にはSSRI、SNRAの登場によって大きな副作用が少なくなったため、一般医も以前よりは抗うつ薬を使用することになってきました。しかしやはりうつ病に対して苦手意識をもっている一般医は少なくないので、そういう時は絵師進化を紹介してもらうなどの連携が必要なんじゃないかと考えています。

医師として転職される方の中には、こうしたうつ病を取り扱う方もいらっしゃると思います。

ぜひこのブログ記事を読んで、参考にしていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です